i2i無料WEBパーツ
無料カウンター うろこ部屋の窓から
 
 カレンダー



     

 新着記事



 コメント

 トラックバック

 カテゴリー



 アーカイブ

 リンク



 プロフィール

 モバイル

 サーチ

         

    

     








    

    

    

        
	
	
	


	


	
	
	


	
	
	


	


	
	
	


	
	
	


	
	
	


	
	
	


        


       

	

	
        
           


	
        
	

	
        
	

	

	
        

	






愛すべき酔っぱらいたち

土曜日、仕事帰りに仲間と呑みに行き、仕事の愚痴やら白熱し、気が付いたらラストオーダー4時半、店を出たら朝だった。


まだ話し足りずに、一昨日仕事帰り、その時のメンバー(推定30代独身女性)につかまり、話の続きをローソン前でヤンキー呑み(ヤンキーみたいに店先に座り込み呑む。店員公認)で1時間。もうおなかいっぱいw


昨日、仕事終わりに別のメンバーとローソン前でヤンキー呑み、しかもなぜかスパークリング日本酒持参で二人で小ビン1本空ける。これが甘くて美味しかった🍶


身動き自由な独身だからか、仕事休みでも(みんなシフトはバラバラ)終わった頃を見計らってメールしてきて、呑んでるところに合流してしまうようなのばかりww


しかもすでに他所で呑んできて、べろんべろんの状態だったり、泥酔して財布落として帰ったり(無事に交番に届いてた。財布に名刺は入れておくものだな)


愛すべき酔っぱらいたちは、多分みんな寂しがりやなんだろう。


そんな私も残業代は呑み代に消える。

安いローソンビールと安いツマミで、深夜のコンビニ前や、狭いタコ焼き屋で仕事の愚痴やらなんやら、ぶちまけながら夜は更ける。


美食家からは程遠いww

美味しいもの、ほとんど食べてないな・・・


都会の深夜はまだまだ賑やかだ。

日々の戯言 | comments(0) | - ♪
骨の痛み

先週、壁に足の指激突させてしまった。

強烈に痛かったが、仕事行かなきゃ、ってことでそのまま出勤。

体感的に、多分ヒビくらいは入ったな、と思った。

 

実は過去に両足の小指を同じように激突、骨折、ヒビを経験している。また、その経験から、病院行ったところで特に治療するわけでなく、湿布貼って、固定して安静にね、って言われるだけであることも知っている。

 

歩き回る仕事だけど、痛みこらえて歩く速度は落とし、事情を話して、小走りで詰まった商品を取り除きまくる係(笑)は免除してもらった。

 

1週間経ち、多少はマシになったものの、やはり痛いので病院でレントゲン撮ったら、やはりヒビ入ってた。

「あと2週間くらいは痛みがあるかもですね。」ってことで、湿布とテープをもらった。

 

ヒビ入った指と、となりの指を一緒にテープで巻くと、となりの指が副木の役割をしてくれて固定され、多少は痛みが和らぐそうです。これは今回初めて知りました。前回の病院では教えてくれなかった(笑)

 

そんな訳で、明日もこのまま出勤します。

顎の骨を切る手術をして、痛くて泣いていた息子を思えば、足の指のヒビくらい、どうってことないです。

 

加齢とともに骨がもろくなってるんですかねぇ・・・

 

 

第一第二鰓弓症候群 | comments(1) | - ♪
退院・第一第二鰓弓症候群

3月16日、無事に退院しました。

第一第二鰓弓症候群の詳しい説明はこちらを↓読んでいただくとして

(日本形成外科学会のHPより)

http://www.jsprs.or.jp/member/disease/congenital_anomaly/congenital_anomaly_10.html

 

 

要は、顎の骨をこの状態から

 

この状態にするということです。

 

発達の未熟な方の骨を切り、1日0.5mm〜1mmくらいづつ伸ばしていき、入院中に約1.3センチほど伸ばした。

あとはもう少し先に、頬に脂肪を注入して顔面を左右均等に近づける手術をする。ついでに顎の骨をもう少し前に出した方がいい、とのことだが、軽いものなので1週間ほどの入院で済むらしい。

 

先にも書いたが、骨を切るのだから、痛い。相当痛い(最初の2,3日だけだが)

だが、本当に大変なのはそのあとだ。

まず、骨を安定させるために、術後約2ヶ月間、口の中を固定される。固形物は食べられない(流動食のみ)。しゃべることもできない(口が開かないので腹話術みたいになる)。

ここまで大変だとは思わなかったが、それでも見た目のコンプレックスから解放されてこれからの社会を生きていくためには必要だったのだと思う。

 

手術を検討している方は、それらの不自由を覚悟することと、最適な医療機関を選んで手術に臨んでいただきたいと思います。

第一第二鰓弓症候群 | comments(0) | - ♪
今日のせんべろ

せんべろ→千円でべろんべろんに酔える、の意味

 

本日、出掛けに壁に足を打ち付け(今回はくすり指)、激痛の中出勤しました。

骨は折れてないと思いますが、ヒビ入ったかもしれません。いまだに痛みが取れないので。

 

過去に足の小指骨折とヒビを経験してるので、体感的にヒビかと思いますが、仕事休めません。なんとか23:30まで頑張りました(歩数17000歩)。どうせ骨折しても固定して安静にしてるだけですし。 明日は休みなので大人しくしています。

 

例によって、終業後、ローソンでヤンキー呑みし、行き付けのたこ焼き屋でポテトと鶏皮せんべいテイクアウト。これに缶ビール2本で千円でお釣りまでくる。

 

 

質素な生活に戻ります。GW10連休は他所の現場で働きます。旅行とか娯楽とか、無縁です。

 

義実家帰省?しませんよ。交通費の無駄遣いです。姑の顔なんか見たくありません。

私、旅行ってキライなんですよ。新幹線代とか飛行機代とかホテル代とかってものすごい無駄遣いと思いませんか?

あ、お金持ちの人はGW中は割高な交通費とホテル代払って旅行してお金落として、日本経済が潤うのに貢献してくださいね。

 

入院付き添い生活で、神田駅から徒歩2分、大浴場、朝食付きで1泊4900円のホテルを見つけた自分を褒めたい。朝食のお粥が胃にしみた。

 

高級フレンチやイタリアンに何万円も払うって馬鹿。千円あれば私は幸せ。

 

息子は手術以来ずっと流動食。あと1ヶ月。うなぎ食べたい天丼食べたい焼肉に行きたい、って言ってるけど(しゃべれないので筆談)、あと少し我慢しろ!カレー味とかチゲ味とかコーンスープとか、なんでも作るから。

 

あー、健常児がうらやましいわ。

こんなしんどい手術何回も受けさせて、もしかしたら間違ってたんだろうか?

どうして健康に産んであげられなかったんだろう?

 

どうして・・・

 

健康に・・・

 

産んで・・・あげられなかったんだろう・・・・・・

 

来月も東京2回、経過観察通院。 泣いてる場合ぢゃない。もっと残業して稼がなきゃ・・・

ひとりごと | comments(0) | - ♪
飯田橋の怪奇

退院を翌日に控え、地下鉄で病院に向かう途中、カオスな照明が有名な地下鉄大江戸線に乗ってみる。

 

まずは清澄白川駅。精神病みそうな蛍光灯配置だが、ここはまだマシ。

 

そして有名な飯田橋駅へ。緑の蜘蛛の巣か??

 

蛍光灯が交差する意味がわからない。

 

それでは一緒に上ってみましょう。

飯田橋駅の階段、エスカレーターの上はすべて緑の蜘蛛の巣状態。天井が高いせいか、これだけの数の蛍光管を使っていても、まぶしすぎるということはない。

 

なんでこんなにカオスなのか。

蛍光灯の注文数を1桁間違えて発注したため、ばれないように天井に貼った、とか、比較的新しい路線なので、照明デザインを公募したらこうなった、とか、諸説あるが、よくわからない。

 

そんなこんなで寄り道しながら、無事に退院の日を迎えるのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年2月 鰓弓症候群手術入院 | comments(0) | - ♪
ホテルライフ ソロ宴会編

怒涛の3連勤を終えて、一日休息し再び上京。

この頃には息子も順調に回復し、私は様子を見るだけ。

今回も3連泊するが、純粋にホテル生活を謳歌する。

数年前に宿泊し、快適だった大井町ほぼ直結のホテルを利用。ここは比較的新しく、立地も良く、周囲に飲食店も多くとても便利。宿泊料も安く、スーパー銭湯みたいなお風呂施設(一般1500円)が400円で利用できる。最初からここにしなかったのは、病院からは小一時間かかりちょっと遠いから。

 

一日目、なぜか仕事仲間がホテルすぐそばの行きつけのお店を紹介してくれた。

「中華丼がめっちゃ美味いねん♪」とのことで、丸吉飯店の中華丼をいただく

おお!関東風のちょっと濃い目の味付けだが、美味しい。野菜たっぷり、スープもいい味だった。

一人だからカウンターにすぐ座れたが、外には何人かお客さんが待っていた。

 

二日目、そろそろ美味しく酒が飲みたいなぁ・・ということで、周辺レストラン街の串カツ屋で、宿泊客限定メニューでソロ宴会

串カツお任せ8本、小鉢3品、キャベツ、生ビール、〆のうどん、これで1500円。

周りを見渡しても女子(??)一人呑みなんて私だけだ。

あ〜〜、串カツ美味い〜〜〜

 

二日目、同じく、居酒屋でホテル限定メニュー

お刺身、天ぷら、小鉢、ご飯、味噌汁、漬物、生ビール🍺これで1500円。

ソロ宴会はちょっぴり寂しいが、美味しくいただきました。

ビールおかわりは我慢。

 

朝、昼ごはんはテキトーに安く済ませて、夜だけちょっと贅沢した。

昨年一年間、ひたすら慎ましい生活をし(この入院で大金が飛ぶことも想定内)、外食も極力控えてきたが、このホテル生活で一年分の外食を堪能した。

退院したらまた質素に暮らそう。

 

ホテル延べ11泊、新幹線東京大阪往復3回分、全部カード引き落としなので、来月いくら請求くるだろう??

 

もうすぐ退院する。

またハイテンションで働こう。

2019年2月 鰓弓症候群手術入院 | comments(0) | - ♪
ハイテンション勤務

1週間のホテル生活を終えて一旦帰宅。

次の上京までの隙間にお仕事。帰宅翌日と翌々日は、掃除や洗濯、銀行回りなどの雑用と休息。木金土はお仕事3連勤。基本日雇い派遣なので、自分の都合でシフトを組める。不安定な立場なので必ずしも希望が通るわけではないが、安定した募集があり、私もここで長く続いているため割と優先的に入れてもらえる。

 

倉庫でのピッキング作業で、指定された商品を黙々と集めてコンテナに入れて流す。夕方までの日勤帯勤務なら、仕事はこれだけだが、時給が高く、残業手当てと深夜帯手当てもつく夜勤帯だと、さらに集品作業が加わる。朝イチのトラック配送に間に合わせるため、全ての物量を集品検品できるまで、底無しの残業になる。特に月末は場合によっては朝までかかることも。

今月はあまり働けないので、できるときにできるだけ残業もこなす。

 

深夜帯は若者や留学生が中心だが、集品検品作業は留学生や単発派遣さんには任せられず、基本的にパートさんと、派遣さんでも慣れた人に限られる。平均して午前2時くらいに終了することが多いが、こんな時間に働く人たちは、みんなそれなりに理由がある。まずは身軽な独身者、あるいは子育てとっくに終了した年配のおばちゃんたち。(意外にも還暦前後の女性が多い)

仕事上がりに深夜からちょこっと飲みに行くことも増えたが、メンバーはほぼ、独身、バツ有り、内縁関係、死別.....

 

この日も月末〆日の繁盛期、出勤は午後1時。午前2時まで残業し、終電逃したパートさんとカラオケへ(笑)

彼女は還暦間近、訳あって働けないダンナさんを養うとかで週6夜勤。ダンナさんに迎えに来てもらってるが、今日みたいな日は始発までカラオケで時間潰すらしい。

 

二人で朝までガンガン歌って飲んで、途中しんみり話し込み、また歌い、朝を迎える。

5時半に帰宅するも、目が冴えて眠れない。が、3時間ほどうつらうつら眠り、昼過ぎに起きて出勤。昨日のパートさんも元気に13時出勤、また深夜まで働く。

さすがにもう朝までカラオケはしないが、24時まで残業し、そのあと隣のコンビニで缶ビール買って、ヤンキーみたいに座りこんで数人で30分くらいウダウダやるのは日課になった。(コンビニ店員公認)結局帰宅は午前2時頃になる。

 

一日中倉庫を歩き回り、尚かつ残業3時間くらいすると一日の歩数は2万歩を軽く超える。3連勤すると身体はガタガタになる。

異常なハイテンション勤務を3日続け、1日休養し、再び上京するのであった。

2019年2月 鰓弓症候群手術入院 | comments(0) | - ♪
ホテルライフ後半

阿佐ケ谷から神田にホテルを移動。ここは大浴場と朝食がついていて、すごくありがたかった。

 

この頃には、別に私がついていなくても大丈夫そうだが、とりあえず術後4日目まではいよう、ということで面会時間いっぱい、病室にいた。特に何をするわけでもなく、スマホいじったり、本を読んだり、そして、毎日顔を出してくれる主治医の話を聞くなどする。

この頃にはやっと私も余裕が出来、オサレなビストロでランチもできた。

 

旅の荷物は少ない方がいい。

ホテルに泊まるだけなら荷物はいらない。アメニティは全てそろっている。女性用のメイク落としまで備え付け、部屋着もダサい浴衣状のではなく、上下別の動きやすいものになっている。コインランドリーもあるから洗濯もできる。

余計なものは持参しなくていいのだ。ネットでいろんなホテルも簡単に検索できるし、便利になったものだ。

 

1週間のホテル生活を終えて一旦帰宅する。次の上京までの隙間に、異常なテンションで仕事するのであった。

 

続く....

 

 

 

 

 

 

2019年2月 鰓弓症候群手術入院 | comments(0) | - ♪
衝撃の病室!

【手術後2日目 ・忘れないうちにメモ】

 

さすがに痛くて 一日中唸っている息子、ただ側にいることしかできないそんな夜、面会時間終了30分前・・・

同部屋の患者さん(推定50代男性)に、バタバタと甲高い声でキレイな東京弁(?)の女性が見舞いにやってきた。こちらはカーテンを閉めてるので姿は見えないが、会話は丸聞こえ。

 

(女性)@@さん!来ちゃった!お母様に聞いて。どうしちゃったの?大丈夫?

 

 (患者@@さん)・・・なんてセキュリティの緩い病院なんだ?こんなの通すなんて・・・

 

(私)????????

 

女性、延々と一方的に話すがかなりエキセントリック。かいつまんで覚えてるのが、

 

「私の元彼、47才で亡くなったのよ」

 

「東京芸術劇場の講演(だったかな?)でね、ステージの端で踊ってやったら自衛隊に止められたのよ。でもね、見てたご婦人が『あなた、良かったわよ、真ん中でやれば良かったのに』って言ってくれたの。」

 

 ・・・????????耳ダンボ状態) しばらくして男性はトイレに行くとかで席を立った。トイレにしちゃちょっと長いな、@@さん大丈夫か?

すると、こちらのベッドにやってきて、「すいません〜〜」と声かけられたので、カーテン開けると・・・・


うわぁぁぁっっっ!! !!!

 

フラメンコダンサーか⁉️と思うド派手なドレス姿が

 

 私、●▽◎※*★といいます。(名乗られたけど衝撃で覚えてない)ポールダンサーなんですけど、入院の気晴らしに今から見ませんか?

 

いや、手術直後なんでやめときます・・・ と、お断りしたら、女性はケータイで電話かけて話し始めた。(マジかよ、病室だぜ?)しかもスピーカーONだったようで相手の声まで丸聞こえ。どうも電話の相手は@@さんのお母様らしい

 

(@@さん母)今ね、怒られちゃってね、なんで病院教えたんだって

 

(あ、トイレじゃなく母親に電話かけて文句言ってたんだww)

 

そこへ反対隣の患者さんのところへ処置しにきた看護師さん呼んで「あの人追い出して下さい」と耳打ち。看護師さん無言で頷き、病室内ケータイ禁止と家族以外面会禁止ってことでお帰り頂いた。

 

看護師さん「あの人面会禁止にしましょうか?」

 

(男性)できればもう来てほしくないです・・・

 

面会時間終了。東京って、大阪と違って面白い。後から考えたら「場所をわきまえなさい!」と怒鳴ってやったら良かったと思うが、呆気に取られた私って小市民〜〜〜。

2019年2月 鰓弓症候群手術入院 | comments(2) | - ♪
術後4日

阿佐ケ谷のホテルに3泊した後、神田のホテルに移動。同じホテルに1週間いるのは飽きるだろうと思って。阿佐ケ谷のホテルは立地は良かったが、設備、値段、可もなく不可もなく···

 

神田のホテルにも3泊する。曜日によって値段がまちまち。土曜日はちょっとお高くて8500円。でも日曜はなぜか4900円。月曜は5700円。ここは朝食と大浴場がついている。駅からも徒歩2分くらい、と、建物がやや古いことを除けばまあまあ満足。

 

朝食のおかゆとヨーグルトが美味しい。ずっと胃が痛かったので嬉しい。

 

 

連泊のいいところは、中日はチェックアウトを気にしなくていいので、昼でもゆっくり過ごせること。病院の面会時間が家族でも午後3時からなので、これはありがたい。

 

術後4日も経つと、主治医の言った通り、痛みもかなり引いて(もちろんまだ痛いが)点滴も外れ、スタスタ歩けるようになった。手術翌日は泣いていたのに、もうケロッとしてスマホゲームに熱中している。

とりあえず一安心だが、これから、顎の骨の切ったところを毎日0.5~1mmづつ、ネジを回して広げる作業が始まる。10日で1cm骨が延びる計算である。

 

考えるだけで痛々しいが、私は胃痛が治って、ちょっと食欲出てきた。美味しいもの食べよう🎵

 

というわけで、中野駅構内、Becks coffeeの30品目取れるビーフシチュープレート。コーヒー付きで690円は、まあまあお得。お肉ゴロゴロで美味しかった。

 

私もやっと余裕が出てきました。

 

2019年2月 鰓弓症候群手術入院 | comments(0) | - ♪
Template by 魚のぼやき

(ケータイ解析) ケータイ解析 22年9月